本文へスキップ

稲門個別アカデミー【公式】

お問い合わせ 04-2922-7711


体験授業 保護者の声 アクセス

指導理論method 学業の本質について

稲門個別アカデミーの指導理論は、当塾長が学習教育に携わり25年以上の歳月を費やして体系化したものです。
「やるべきことが分かっていてもマネできない!」
それが稲門個別アカデミーのハイレベルな個別指導です。

基本は『読み・書き・ソロバン』

学習の基本

稲門個別アカデミーは、特に3教科を重視します。
それは、3教科こそがすべての学習の原点だからです。

その中でも、『国語力』が最も大事です。
『学ぶ』は、『マネ』ることから変化した言葉だという説があります。『真似る』『習う』ということは、先人たちの経験や知恵を知ることですが、母国語が理解できない事には始まりません。
また、『国語力』があってこそ、論理的思考や抽象的思考の組立てが可能になります。『英語』や『数学』の学習には、論理的思考や抽象的思考が必須です。
ですから、『3教科の王様』は国語なのです。

『国語力』が強化されると連鎖的に『数学力』と『英語力』が向上し、学ぶ力が盤石なものになります。それによって、他の科目の学習に大きな威力を発揮することになるのです。


国語学習について

国語学習

お子様の学習能力は『国語力』で決まります。

いわゆる『勉強ができる子』は、授業中に教師が説明する内容をきちんと理解できる力を持っています。

確かに、予習や復習によって学習効果は高まりますが、基本は『人の話を理解する力』です。

国語の学習では、相手(筆者)の『言いたいこと』の把握に徹底的にこだわります。この力は、長文の読解力だけでなく、他の科目の成績向上が大きく期待できる能力です。

また、日本語力を高めることによって知性あふれる情緒豊かな人間性を育てます。


英語学習について

英語学習

英語の発想法は日本語の発想法では理解できないものがあります。それは、文化や歴史的背景が異なるからです。

英語学習においては、この『考え方の違い』や『言葉の使い分け』が理解できない限り、学力の向上は期待できません。
当塾では、この『違い』の理解にこだわります。英語で高得点を取る生徒は、必ずと言ってよい程、この違いを会得しています。

「a」と「the」の使い方の違いに始まり、通常の言い回しと慣用句の違いなど、公共の学校教育ではほとんど触れられることのないところに英語学習の深さがあります。

簡単な例をあげましょう。

 《文章1》 I go to the park in the morning every Sunday.
    ...何故、park の前に付く冠詞は、a ではいけないのでしょうか?

 《文章2》 I go to bed at 10 o'clock everyday.
    ...何故、bed は単数なのに冠詞が付かないのでしょうか?

 《文章3》 I want to go home until 6 o'clock today.
    ...何故、go の後ろに to が無いのでしょうか?

何れも、中学生の初期段階で目にする文章ですが、これらの疑問に即答できる生徒が何人いるでしょうか?

公共の学校教育では、『とにかく英語に慣れること』を優先させますから、細かい説明はありません。
しかし、多感な年頃の子供たちに、納得のいく説明なしに覚えさせるだけでは、実際の入試問題には対応できません。


算数・数学学習について

数学学習

『計算力』と『解法力』が得点力のカギを握ります。

読み書きソロバンと言いますが、算数・数学はまずは『計算力』です。
正確で迅速な計算力が無くては、最後まで正しい回答にたどり着く確率が大幅に低減します。計算問題を数多く解くことは、自宅学習に最も適した学習です。

『解法力』とは、単に公式をたくさん知っていることではありません。問題文をよく読み、問題作成者の意図を察し、問題解法の糸口を素早く見つけ、解答の方針を組み立てる力のことです。
いわゆる『良問』と呼ばれる質の高い問題に接し、更にいくつかの『別解』を同時に身に着けることで、数学的なセンスを養います。


社会学習について

社会学習

高等学校の授業では当たり前のことですが、歴史や地理では、その背景や関連性を深く学びます。

小学校・中学校での学習は、『淡々と』覚えるものになっています。これでは、何のために社会科を学ぶのか、その意義が分からなくなります。

歴史や文化に触れ日本人としての素養を高めること、地域の特性を知り豊かな日本を担う人材になること。それが社会科学習の原点ではないでしょうか。


理科学習について

理化学習

理科は、『科学』の面白さを学ぶ教科です。
『科学』の面白さを伝えられない学習は、理科ではありません。

基本的には、生物・物理・化学の分野を意識して学習しますが、現代ではこれらの分野を融合した学問が形成されています。

広く『科学』全体に興味を持ち、未知の分野に取り組んでいけるような意欲を育てたい。そんな面白さを伝えていきたいと思います。

所沢・新所沢・小手指・航空公園の個別指導塾なら稲門個別アカデミー(とうもんこべつ)にお任せください

受付時間
月~金 15:00~22:00
土曜日 10:00~22:00
日・祝 10:00~18:00(臨時休館有)
お問い合わせは 
04-2922-7711



体験授業 保護者の声 アクセス
受験マイスター学習塾協会ロゴマーク
受験マイスター学習塾協会
優良認定塾

2学期募集

入会金は無料
本科初月無料
キャンペーン!

無料体験授業受付

月~金15:00~22:00
土曜日10:00~22:00
日・祝10:00~18:00
(日・祝は臨時休館有)
04-2922-7711
お電話ください!

学校の授業がドンドンわかる!
教科書準拠

所沢中学校
向陽中学校
美原中学校
中央中学校
小手指中学校
南陵中学校
北野中学校
所沢小学校
清進小学校
明峰小学校
北小学校
美原小学校
中央小学校
並木小学校
上新井小学校
北中小学校
伸栄小学校


とうもんキッズくらぶ
小学生の学習習慣

とうもんキッズくらぶ


教室・自習室

教室・自習室


ご挨拶

ご挨拶


よくある質問

よくある質問


塾長ブログ

塾長ブログ


人気のブログテーマ

中1の壁の本当の原因は...

偏差値55が65になるには...

私立高校の個別相談会って...

埼玉県立高校受験の内申点...

9歳の壁の正体は...

塾で宿題を出さない理由...



サイトマップ

トップページ

教室案内

新所沢校

オンライン川越校

オンライン大宮校

体験授業

入会案内

教育方針

指導理論

能力開発

保護者の声

アクセス

とうもんキッズくらぶ

どこでもアンサー

自習室・教室

ご挨拶

よくある質問

紹介動画

塾長ブログ

埼玉県公立高校入試情報

講師募集

プライバシーポリシー

会社情報