英語の風雲児 筒井先生との出会い

S台予備学校の筒井正明先生との出会いは強烈でした。

先生の担当は長文読解。

同じ総合コースの中に長文読解の講義が2つあり、1つが伊藤先生、もう1つが筒井先生でした。
伊藤先生の授業は、ややボリュームの多い長文を構文重視で勉強していく講座。
筒井先生の授業は、短い文章だが日本語に訳すのが難しい文章を読み解く講座。

まず、最初の授業で挑戦状を叩きつけられました。
テキストの一番最初の章に出てきた15行程の文章なのですが、特に知らない単語もないし構文的にも難しくないのに日本語に訳せない。

一体これはどういうことかと思っていたら、先生から一言。
「これは、東大の2次試験で出題された文章ですが。見ての通り難しい単語もないですが、上手く訳せなかったでしょ。君たちは、今日からこの文章を上手に訳せるようになるための勉強をします。それがこの講義での目標です。」

最初の講義で最終目標を示されてしまったのですから、明快と言えば明快です。

伊藤先生の授業が構文理論重視ならば、筒井先生の授業は『行間を読む』センス重視です。2つの長文読解の講義がセットされている意味が良くわかりました。理論とセンスの両方が備われば鬼に金棒です。

筒井先生の歯切れの良い語り口もさることながら、風貌も何処となく竹村健一氏に似ていて、私は1日で筒井先生のファンになってしまいました。伊藤先生が英語の神様ならば、筒井先生は英語の風雲児といった様相でした。

筒井先生の本業が英文学の大学教授で、海外小説の翻訳を何冊も手がけていることを知ったのは、つい最近のことです。

翻訳のプロに教わっていたのだから、日本語訳が上達するのは当然ですね。
私が教える立場になってからも、筒井先生から学んだセンスはとても役に立っています。

pic_g250