数学の得点をワンランク上げる方法

計算問題であれ、文章題であれ、とかく式の計算は必要不可欠です。

試験の時には、この式の計算を最小限の計算で正確に解くことが、全体の得点アップにつながります。

また、数学が苦手な生徒ほど、無駄な計算をしたり、逆に、必要な計算を省いたりしていることが少なくありません。

では、どうしたら、最も効率良く計算式を解くことができるのでしょうか。

それは。。。

結論から言えば、『出来るだけ計算をしない』ということです。

式に手を付けたら、最初に行うべきことは、『式の変形』です。『式を変形』して、できるだけ計算しやすい形に持っていくということです。また、この過程で、大きな数字になりそうな計算をしないで済むように、同類項をまとめたり、約分しておいたり、とにかく簡単な形にしてしまいます。

このようにしていくと、私が生徒に教える場合などは、本当に数字を計算するのは最後の1~2行ぐらいです。だから、検算も容易で、間違えにくくなります。

これは、時間の節約にもなるので、時間が限られた試験では得に効果絶大です。ミスも少なく、より多くの問題を解くことができるのですから、必然的に得点力が大幅にアップします。

実際の問題でお教えできないのが残念ですが、私は、この方法を塾生に徹底的に仕込んでいます。中学1年生の時に数学が苦手だった生徒も、これをキッカケに数学に自信をつけるケースが珍しくありません。

体験授業は、随時、受付中です。


数式の解き方