受験マイスターの合格戦略 高校受験の私立校選定

今回は、大学進学を意識した私立高校の選定についてお話します。
私立高校には、大きく分けて5つのタイプがあります。

具体的な例を挙げた方が分かりやすいので、都内の私立高校を例に考えてみましょう。

1.純粋な付属校
ほとんどの卒業生が系列の大学へ推薦で進学できます。
レベルの高い高校に多く見られるタイプです。。
早稲田大学高等学院、慶應義塾高校、慶應義塾女子高校
明治大学付属明治高校、青山学院高校、中央大学附属杉並高校 など

2.他大学へ受験者がいる付属校
併設する大学への内部進学を基本としていますが、他大学への進学者が少なくありません。
明治大学付属中野八王子高校、国際基督教大学高校、明治学院高校、日本大学習志野高校 など

3.他大学の進学に積極的な付属校
併設大学よりも他大学へ進学する生徒の方が多いタイプです。
付属校でありながら、他大学受験のためのカリキュラムが設けられています。
東邦大学付属東邦高校、成蹊高校、二松學舎大学附属高校 など

4.系列の大学がない中高一貫校
併設大学を持たず、中高6年間のカリキュラムで学習します。
高校入試で募集をしない、トップクラスの東大合格実績がある高校にこのタイプが多いです。
開成高校、桐朋高校、巣鴨高校、海城高校 など

5.その他
中等部も存在しますが、高校入試でも募集も行います。
ここでは、例は割愛します。

大学直系だと思って入学したら内部推薦枠が半分しか無かった、という話を良く聞きます。
別に高校側が情報を隠しているわけではありません。
受験生の情報収集能力が低いことが大きな原因です。

志望校の選定を後悔しないように、情報は正確に収集しましょう。

pic_g088