受験マイスターの合格戦略 経済的効果を考える

大学まで、すべて国公立の方が経済的に有利という考え方は誤りです。

確かに、東大、京大を狙うということには、特別な意味を持つ場合があります。

ただし、単に学費が安いと言うだけで国立を狙い、浪人した場合は話が違います。
・浪人した分の予備校の学費は100万円相当。
・定年までの年数が1年少なくなるので、生涯賃金が1000万円マイナス。
経済的理由で考えれば、浪人してまで国立を狙う意味はありません。

1日は24時間、1年は365日。この持ち時間は、皆平等です。

であれば、最も効果的な戦略を立てる必要があります。

私のお勧めは、公立トップ校からの早慶現役合格です。

公立のトップ校であれば、学年上位層が現役で早慶に合格できる可能性があります。

わざわざ、受験科目を増やして中堅の国立を目指すぐらいなら、現役で早慶、G-MARCHを狙った方が就職にも有利であることは、疑いの余地がありません。

また、一定の評定(通知表の成績)があれば、学校長の推薦で国からの奨学金を貸与されます。
親の懐から出る費用は、公立高校までの費用と、大学の受験料・入学金ぐらいです。あとは子供が自分で国から奨学金を借用します。

このお勧め戦略の経済効果は、
親の学費の負担減が約1500万円。
子供の生涯収入確保が約1000万円。

この経済効果は、莫大です。

さらに、早慶クラスでは、各種の給付型奨学金(返済不要の奨学金)が充実しています。

wasedauniv2

なお、就職関係に関しては、「東洋経済」にこんな記事がありました。参考まで、ご覧ください。

http://toyokeizai.net/articles/-/74113