英語の神様 伊藤先生の名言

皆さんは、『英語の神様』と言われた伊藤和夫先生をご存じでしょうか。

S台予備学校の看板講師として、数多くの学生たちを超有名大学へ送り込んだ人物です。

私が入学した当時は、S台予備学校の入学試験が並みの大学よりも難しかった。入学後も、校内テストで偏差値50もあれば早稲田の商学部に入れてしまうレベル。そんな、伝説の時代に伊藤先生は受験界の先陣を切っていたものです。

今も変わらないとは思うが、『英語の三種の神器』と言えば、

 ・『基本英文700選』

 ・『英文法頻出問題演習』

 ・『英語構文詳解』

他の参考書に手を出すのは、これを3回は読みこなしてからにしてほしいものです。

さて、前置きが長くなりましたが、伊藤先生の名言を皆さんにもご披露しましょう。

◆『僕の授業では、単語の意味や熟語の解説はしないよ。』
。。。先生の授業では、長文読解への取り組み方と考え方を徹底的に享受される。
特に構文の解説に力を入れられていた。
「単語や熟語ぐらい事前に予習して、テキストの英文を全訳しておきなさい。」 ということ。

◆『自分で訳した文章が、何故僕の訳と違うのか良く確認してごらん。』
。。。分からない単語はないはずなのに、時には反対の意味に訳してしまっていることが
あったりする。それが、長文読解の醍醐味であり、難しさである。
これだけ鍛えられて、英語が上達しない訳がない。

◆『一見簡単そうに見える文章こそ、よく注意して読んでみることだよ。』
。。。入試問題の難易度を問題文の長さに頼る大学は所詮二流である。
短い文章でも、分からない単語が無くても、本当の英語力がなければ読めないものがある。
それが、東大の問題であり、早稲田の問題であり、超一流と言われる大学の所以である。

あなたの通っている塾では如何ですか?

これら三点を忠実に実行するだけでも、相当の英語力が身に付きます。

index-img01